HOME > 作り手の想いは、靴に宿る

総数20件 1 2 3 4 5 6 7

ウイスキー樽3

タイムカードの下に本物のウイスキー樽を置いている。
天然素材の無垢の木と革は、似ている。

丈夫で長持ち、経年変化の「味わい」が強み。

しかし製品材としては、ロスが多く「難儀なやつ」だ。


ウイスキー樽2

樽の寿命は、60〜70年。

内面を焼いて表面を消し炭状態にしてから
まずバーボンを5〜6年貯蔵、次にウイスキーを10〜15年貯蔵。
三たびウイスキーを10〜15年貯蔵。これを数回繰り返す。

前回の東京オリンピックから現役で働いてきた。

70年を超えてもいい面構えだ。

粋にも、内側にウイスキーの残り香がかすかに漂う。


経営理念

作り手全員の想いを「靴作り1点」に集中しなければ。

想いが「靴に宿る」なんて。

「でけへん、でけへん。」






牛のオブジェ1
僕は、食用の牛で去勢されているので、「おねえ系」です。
Mちゃんと呼んで。

「マツコ・デラックスのMとちゃう。松井製靴のMやねん。」
牛の競り市に出される手前で、
松井製靴のインスタ映えの切り札としてやって来た。

ところが中学校の校門近くにいるのに、
学生たちは、素通りだ。「なんでやねん。」

牛のオブジェ2
本物のステア(去勢された成牛)の半裁を基に
ファンキーな牛のオブジェを作った。

半裁とは、加工しやすく一頭を半身にしたもの。
革靴の大半は、このステアを使う。

大きさは、約2.5m×約1m=250ds(デシ)。
Ds(デシ)とは、革の面積を表す単位。1ds=10cm×10cm。

革靴の靴作りは、この半裁の裁断から始まる。

総数20件 1 2 3 4 5 6 7

ページの先頭へ
前のページに戻る